ファズベアーズフライト(FNAF3)

Fazbear's Fright: The Horror Attraction

主人公が警備員を勤めることになった(?)、ホラーアトラクション(お化け屋敷)。店名は「ファズベアーの恐怖」の意。
30年前に閉店してしまったFreddy Fazbears Pizzaの代わりに作られた店舗のようで、
かつての血生臭い出来事や噂を逆手に取った、リアルな体験のできるアトラクションを目指しているらしい。
まるで反省の色が見られない…、と一見思うだろうがどうやらオーナーはFreddy Fazbears Pizza時代の運営関係者ではないらしい。




【設備】
入口から出口までがほぼ一本道になっている、日本でもよく見られるお化け屋敷のようだ。入り口近くに警備員室がある。
あちらこちらに、かつての機械人形たちのパーツを使用して作られた、
フォクシーの生首の壁掛けライトや、ボニーのスタンドライト}など、お化け屋敷らしい趣味の悪いインテリアが置かれている。

また、いくつかの部屋にはダクトへの入口が存在しており、このダクトは警備員室にも通じている。
このダクトはカメラマップを切り替えることで確認することができる。


主人公が操作することのできる店内の設備は3つ。

1つ目は音響設備(オーディオデバイス)。カメラ画面から音声(BBの声)を鳴らすことができる。
この声で店内にいるアニマトロニクスを誘導することが可能なようだ。

2つ目はカメラシステム。機能としてはそのまま、カメラのモニタリングに関わる。
また、ダクトカメラ画面では、カメラのボタンをダブルクリックすることで、対応する障壁を起動させることができる
一度に起動することのできる障壁は1つだけで、別の場所で障壁を起動させると、閉まっていた障壁が開放される。
このシステムがエラーを起こすと、カメラでのモニタリングが不可となるため、注意しなければならない。
なお、エラー状態でもカメラに映る幻覚たちは出現する

3つ目は空調設備。この機能がエラーを起こしたままだと、主人公が酸欠状態になり、視界が点滅するようになる模様。
さらに空調がエラーを起こしていると部屋が赤く点滅し、アラーム音が鳴るのだが、
このアラーム音がスプリングトラップをおびき寄せてしまうと考えられている。
つまり、空調がエラーの状態だと敵が急接近してくるため、放置していると危険である。
なお、この機能は、幻覚たちによる襲撃で強制的にエラーにさせられてしまうようだ。
また、空調がエラーになった後もしばらく室内が赤く点滅したままになるが、
これが継続している状態ではカメラにダミー(幻覚)のスプリングトラップが発生することがある。
忙しくなる後半の夜になるとこれに引っかかりやすくなるため、スプリングトラップの誘導を怠らないようにしたい。

余談だが、今作の店内の地図を逆さまにすると、ScottのSteam、YouTubeアイコンであるThere IS Pause Buttonの
操作キャラクターが走っているような形になっている。




【歴史】
時系列はFNAF1よりも後。少なくとも、FNAF1の世界より30年は経過した未来である。
もとは飲食店(ピザ屋)で、一時期はそれなりに繁盛していたが、児童誘拐事件が明るみになり、悪い噂が絶えないようになったため、
閉店に追い込まれ、マスコット人形たちもお役御免になってしまった……と思われた。

ピザ屋閉店から30年後。ホラーアトラクションとして復活した系列店を開き、なんとか経営を存続させていたのである。

(フレッドベアの家族食堂⇒旧店舗⇒ファズベアーズピザ(2)⇒ファズベアーズピザ(1)→→→ファズベアーズフライト(3) の流れ)

FNAF2にて破棄処分となったはずの新型人形が、ほぼガワだけの状態で警備員室に置かれていたり、
旧式人形も、パーツを用いてインテリアにされているなど、人形の扱いが非常にぞんざいである。

オーナーはFreddy Fazbears Pizzaに関する備品集めに精を出していたらしく、過去には安いコスプレ品をつかまされたこともあるらしい。




【地図】
mapx.jpg
店内の地図





















店内は9つのエリアに分かれており、その中のいくつかの部屋をダクトを通じてショートカットが可能となっている。
監視カメラは店内に10台、ダクトに5台の計15台が設置されている。
ダクトの中には警備員室まで伸びているものもある。



【人形】
かつては11体保有していたとされる機械人形も、この時代にはそのほとんどが稼働不可能な状態になっているらしく、
Steamのゲーム紹介文によると、1体のアニマトロニクスがいるとされている。
前述のとおり、新型人形(Toyシリーズ)はほぼガワだけの状態にされて箱詰めにされていたり、
旧式人形もパーツを用いてインテリアにされていたりする。

かつてのキャラクターたちは「幻影」という形で登場しており、こちらの行動を妨害してくる役割を持っているようだ。
いずれもかなり汚れた姿で出現しており、非常に不気味である。

  • 最終更新:2015-07-01 17:44:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード