Phantom Puppet(FNAF3)

Phantom Puppet(ファントム パペット)

Phantom_Puppet.png

種類 人形
性別 不明
分類 幻影
出現場所 CAM 08


FNAF3にて新登場したキャラクター。フォルムはパペットと酷似している。
ただし実体は無いようで、幻影としてプレイヤーを妨害してくる。




【外見】
パペットを極限まで汚したような姿をしている。
今作では明確に瞳が描写されており、スプリングトラップの瞳と似ている。
また表情も、2の時のような満面の笑みではなくなっているように見える。
(CAM08に映っている姿は汚れ具合も表情も前作のままのようだが.....?)




【特徴】

出現タイミングはランダムなようで、CAM 08に出現すると思われる。
行動パターン自体は単純だが、視認が難しく、回避できる猶予も短い。

第3夜から出現が確認されており、第4夜以降は遭遇率が非常に高くなるようだ。


また、ファントムと名のつく敵の共通事項として、襲われても即ゲームオーバーとならない代わりに、
空調を始めとしたシステムが強制的にエラーとなる。日を重ねる毎に複数がエラーにされやすくなる上、
空調がエラーになっているとスプリングトラップが急接近してくるため、注意しなければならない。
……が、このファントム パペットの場合は例外で、襲撃モーションが非常に長く、更に拘束されている間モニターを開く行動が制限される。
この拘束中にも空調はエラー判定となっているようなので、スプリングトラップの接近を許してしまう。さらにこの拘束中にファントムフレディが来てしまうと、フレディにも襲われてしまう。とても厄介である。ゲームが進行すればするほど襲撃されやすくなり、それがゲームオーバーに直結しやすくなる厄介なキャラクターである。





【対処】
高難易度になれば、視認してしまった瞬間に襲われるほどに猶予時間が短くなる。
だが、最初の猶予時間は上記のとおり、他のファントムシリーズより少し短い程度である。
日頃からファントムBBを簡単に回避している人ならば、避けるのはそう難しくない。
むしろファントムBBのほうが避けるのが難しい時がある。
が、襲われてしまえば一気にピンチになるので、油断は禁物である。

また、CAM 08にしか出現しないため、できるだけCAM 08を避けることで封じることが可能である。




【備考】
・この時代のパペットは、CAM 08の右の壁に仮面だけの状態で飾られている。
・CAM 08に映った時の画像。
demos49.png
































Puppetlookingatyou_convert_20150404090326.gif                     

  • 最終更新:2015-05-27 07:30:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード