The Mangle(FNAF2)

The Mangle(ザ マングル)

Mangle01.png

種類 キツネ
性別 メス?
担当 子守
初期位置 子供たちの入り江


2から新登場した敵キャラクター。
「The Mangle」(ばらばら)という名でスタッフからは呼ばれているらしい。
幼い子供たちの世話をするために作られたが、子どもたちのやんちゃのせいで、新品だった身体は呼ばれ通りのバラバラに。
そんな激しい損傷を負わされても、子どもたちには文句ひとつ言わない、母性に満ちたキツネである。

正式名称はおそらく「Toy Foxy」ではあるが、一般にはこちらの名前では呼ばれない。




【外見】
ピンクの耳にピンクのリボン、新型人形特有の赤い頬が特徴的。
Foxyとは対になるように意識してデザインされているのか、男らしいワイルドさのあるFoxyとは打って変わって、
可愛らしい女の子のようなデザインになっている。
なお、Foxyは右目に眼帯をしているが、こちらは左目がそもそも無い。(初期位置である子供たちの入り江に左目が落ちている)

新品だったはずの身体は、子供たちの乱暴のせいで構造自体もめちゃくちゃになっており、
骨格はむきだしに、コードは垂れ下がっていたりと、酷い状態である。
かろうじて一部だけが原型を留めているものの、もともとどのような姿であったかを想像することは難しい。

何故か本体とは別に内骨格の頭がもう一つある。本体同様片目がない。
また、初期位置にいる時とキルモーションで、右手が2本あるように見えるらしい。




【特徴】
もともとは海賊のフォクシーのデザインが子供受けしないとしてリメイクされた人形で、本来の名は「トイ フォクシー」。
幼児の遊び相手として「Kid's Cave(子供たちの入り江)」に配置されたが、
やんちゃな子供達が乱暴に扱うために、損傷してバラバラにされてしまった。
最初は従業員がシフトを組んで組み立て直していたものの、壊されるペースの方が勝っているためらちが明かず、
結局「バラバラにしたり組み立てなおしたり出来るアトラクション」として売り出すこととなってしまった。
その為従業員からは「The Mangle」(ばらばら)という名前で呼ばれている、という経緯がある。

初期配置は子供たちの入り江。天井や壁を蜘蛛のように這って移動する。正面かダクトからこちらに向かってくる。
無線のような雑音を発しながら近づいてくるので、近くにいる場合は容易に気付くことが出来る。
部屋に侵入してから直接飛びかかってくることはなく、部屋の天井に張り付きこちらを見つめてくる。
(人形たちを監視する警備員が逆に監視されるという、なんとも皮肉な状況である。)
襲い掛かるタイミングは比較的ランダムで、6時まで何もしないいい子でいることもある。要するに気分屋である。
また部屋の天井に張り付いてる間はずっと雑音が流れ続ける。
BBと同じく、部屋に侵入されると他の人形を引き寄せるので、注意が必要である。




【対処】
マングルが近くにいると無線のような雑音が聴こえてくるので、比較的わかりやすい。
雑音が聞こえるようになったらすぐにマスクを被るとよい。
ただし部屋の天井に張り付かれたらもう対処の仕様が無い。ツルツルボディのマングルさんに祈るのみである。




【備考】
・日米共通してToyシリーズ中もっとも人気がある。
 FNAFシリーズの全キャラクターを含めても、一番人気であるFoxyに次いで人気がある。狐の血族は偉大である。
・ファンアートの数も多く、復元された姿を想像して描かれたものもしばしば見られるが、
 外見は作者ごとにそれぞれで、骨格が触手状だったりもする。
・現在のところ、性別は不明とされている(海外Wikiでも同様)。これはカスタムナイトの「レディース・ナイト」に登場するものの、
 電話の男から三人称「彼」を使われているためである(第3夜(FNAF2)参照)。
 これに関しての議論は絶えないが、真実は開発者のみぞ知る……。
・スマホ版のFNAF2では、ダクトからこちらを覗いている時でも雑音が聴こえないようだ。
 仕様かバグかは不明。詳細はバグ・小ネタページを参照













Mangle04.png


  • 最終更新:2015-08-08 19:04:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード